営業として働く心得と覚えておきたいベトナム語

営業の仕事をチェック

仕事

食品業界が急成長している

ベトナムでは日系の食品業界も多く進出してきており、レストランや冷凍食品、物流やスーパーなどの日本企業があります。
そのため、それらの企業に向けて営業回りを行なう職種も高い需要があります。もし営業の経験があるなら、今ベトナムで仕事を探せば管理者にもなれるかもしれません。

基本的には日本語と英語を使う

ベトナムのレストランを営業で回るとなると、言語が心配になってきますが基本的に日系の企業相手に営業をするので日本語と英語ができていれば支障ありません。
新規開拓をベトナム企業に向けて行なうのであればベトナム語の習得は必須となりますが、日本人材には多くの日系企業との交渉が任せられ、現地の営業スタッフが現地企業への交渉を行なうなど役割分担が行なわれます。

スタッフとのやり取りのため

しかし、仕事の交渉相手にとって必要ないとはいえ、ベトナム語は少しは話せていた方が良いでしょう。せっかく違う国に来ているのですから、現地スタッフと交流するためにも簡単なベトナム語くらいは覚えているべきです。
丁寧な言葉でいうなら挨拶は「シンチャオ」ですが、女性に対しては「チャオチ」となります。年下のスタッフと話すなら「チャオエム」とした方が親しみを込められるでしょう。

ニーズがある今だからこそできる

近年は海外への就職支援を行なう企業もありますが、こういった企業に集まる現地採用の求人でも、営業はとても多い現状があります。
だからこそ支援が積極的に行なわれるのであり、営業の仕事もたくさんあります。日本においては新規開拓をあれこれ考えて行なう必要があるのですが、ベトナムではニーズが豊富にあるので、営業しやすいところだといえます。

今後も発展する予測がある

なぜベトナムにおいて食品関係の業種が営業成績を伸ばしているのかというと、ベトナムは国民の平均寿命が若く、人口も増えることが予想されているからです。
やはり若い人はいろんな食文化に興味があり、美味しいものが豊富なベトナムでも食の変化というものが起きています。その変化に日本食や日系のレストランが提供する味が食い込んでいけるように、各企業競争を行なっています。

広告募集中