海外就職を現実のものにする【情報集めとマインドセットが鍵】

仕事に何を求めますか?

就職をして仕事をこなしているけれど何か物足りない、今のままで良いのだろうか、などという考えを解決に導き、さらに人生を豊かにするために転職を決断する人もいます。仕事に何を求めているのかを見つけ、海外へ行く人もいるのです。

今注目の転職方法を知りたくないですか?

日本以外でも仕事を探せますか?

もちろん仕事はどこででも探すことができます。労働許可証が必要であったり、特別な資格が必要なこともありますが、海外に目を向ければ日本にはないことが経験できます。実際、ベトナムで進出している企業で働いている人はたくさんいるのです。

[PR]

ベトナムで仕事をする極意。
技術を伝承する!

「自分」研究を行なう

ウーマン

転職活動で大事なこと

転職を考えているなら、今の自分の価値を正しく見積もることが必要になってきます。
まずは現在の給与を見直しましょう。これは、現在の給与に満足しているか否かということを置いておき、現実を見直すために大切です。
特に海外に行く場合は重要です。現状でもらっている額はこれまで働いてきた結果と、会社の成長に見合って支給されます。しかし、海外に行ってまったく新しい環境で仕事をするなら、給与は下がるのは当然なのです。それでももう一度トライしたいと考える人や、実績があってそれを活かせる仕事が海外にあるという人は、海外で就職して満足度を上げられるのです。

強い意志をもつ

近年ベトナムで仕事を見つけるために多くの人が転職支援サービスを利用しています。
そういったサービスを活用して案外簡単に海外に行くことができる現在ですが、大事なことが一つあります。
それは自分の意志を強く持つことです。海外ではいろんなことがあります。異文化だからしょうがないと割り切りつつも、心のどこかでは納得できないこともあるでしょう。それでもベトナムの人や環境と共存するための強い意志を持っている人であれば、仕事でも成功を収めることができるでしょう。

行きたい国を決める

海外での転職の際には国を決めるのも大切です。ヨーロッパや英語圏の国に憧れがあるかもしれないですが、英語ができない状態で英語圏の国に行くことは、周囲にもコンプレックスが高まりますし、ストレスが溜まってしまいます。
日本企業が進出しているアジア圏なら行きやすいということもありますが、アジアの中でも気候はいろいろありますので、ベトナムを始めいろんな国を検討してみると良いです。

日本で働く際の良い経験になる

ずっとベトナムで働き、暮らしていく覚悟をもって海外移住する人もいますが、いずれは日本で就職をする計画をしている人もいるでしょう。
そういった人にもベトナムなどのアジア各国で仕事を探すメリットがあります。
今後日本でも多くの外国人が働くでしょう。そういった場合にコミュニケーションやマネジメントの面で役に立つといわれています。ホテル業を始めとする観光業でも、海外就職経験のある人材が多く求められると予想されているのです。

労働許可証の取得に必要なもの

証明写真

ベトナムで働くためには労働許可証が必要ですが、それには必ず証明写真が必要となります。サイズは横が4センチ、縦が6センチの労働許可証要のものとなっており、背景は白、メガネはかけないで撮影しなければいけません。

大学卒業証明書

技術者であれば専門学校か短大のものが求められますので、必ず大学卒業者のみが許可されるというわけではありません。管理職の場合は必要がないこともありますが、専門家なら必ず求められます。英語の書類もあると良いでしょう。

在職証明書

決まった形式があるわけではなく、在籍していた企業で発行しているので聞いてみましょう。職種や職務の内容が書かれており、必ず入社年月日が記載されているものを用意しましょう。できるだけ申請可能な全ての会社に申請します。

無犯罪証明書

ベトナム、日本、どちらの国でも犯罪を過去犯したことはないという証明書を発行してもらいます。この無犯罪証明書を日本の警察署で取得する際には、身分証明書やベトナムで働くことを証明できるオファーレターなどの書類が必要です。

パスポートのコピー

パスポートはコピーでよいです。使ったページは全て渡航歴も記載されているならコピーしなければなりません。有効期限もチェックして必ず一年以上残っているものを用意しましょう。足りなければ更新した方が良いです。

広告募集中